ホーム   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト新商品  »  DX040A 創り上げる個性
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様、いつもデラックスウエアブログを講読頂きまして誠にありがとう御座います。

先日リリース(一部サイズは後納品)しました品番:DX040Aについて村松的観点にて触れたいと思います。

先ずは、この「鉄デニム」という企画は今後村松が手掛ける事は御座いませんと断言致します。
当初から人手を掛ける企画内容ではありましたが、非日常的な時間と人手そしてコストを要してしまい、既に「既製品」の範疇を超え一点モノのような感覚でのモノ創りとなってしまいました。
それゆえ、一点一点異なる個性が楽しめるというメリットが発生しましたが・・・

さて、今回のこのデニムは御存知の方も多いと思われますが、コットン100%のインディゴデニムに「鉄」を刷り込むといった内容となっています。鉄を粉砕しパウダーに変え、定着剤(糊のようなもの)に混ぜ合わせ人の手により生地状態で塗り、屋外で2日程乾燥させていくという工程を経て、ヴィンテージミシンを携える自社工場「オルダクト」にて裁断・縫製・仕上げを行いました。生地に手間を掛けた事がもちろん大きいのですが、この鉄デニムという特性上、ただでもシビアなヴィンテージミシンでの扱いがコンマ数ミリ単位の調整と技術を求められる結果となってしまいました。(調整次第で鉄生地を痛めてしまうのです・・・)まぁ苦労も多い分、私と工場職人達にも一入な愛着が芽生えておりましたが。

そしてやっとリリースとなりました、この品番:DX040A 大戦モデルの個性の楽しみ方を書き足したいと思います。

このDX040Aは、熱のコントロールにより鉄の酸化に変化を付ける事が可能です。
その違いを画像にて。

DX040A-1
この二本は洗濯・乾燥方法が異なります。
1.左が真水洗い+室内吊干し乾燥
2.右が熱湯洗い+タンブラー40分乾燥
表面の酸化インディゴの色合いにと、画像では見えない生地裏にサビ色の濃淡の違いにより違いが発生します。

DX040A-2
真水洗い+室内吊干し乾燥の表情

DX040A-3
熱湯洗い+タンブラー40分乾燥の表情

DX040A-4
真水洗い+室内吊干し乾燥の生地裏

DX040A-5
熱湯洗い+タンブラー40分乾燥の生地裏

DX040A-6
左が真水洗い+室内吊干し乾燥、右が熱湯洗い+タンブラー40分乾燥の裾裏

DX040A-7
真水洗い+室内吊干し乾燥の生地表のインディゴ表情

DX040A-8
熱湯洗い+タンブラー40分乾燥の生地表のインディゴ表情

洗う水の温度と乾燥温度により、酸化の度合いが大きく異なります。
また、洗濯の際は他の衣料と一緒にせず単品洗いにてお願い致します。


企画内容から個体差を主にし、時間と使用環境と共に変化を楽しんで頂く様に企画しておりますが、この画像内容をお好みで参考にして頂ければ幸いです。

私にとってこのDX040Aは、かなりの時間翻弄されただけに思い入れの深いデニムではありますが、今回限りの完全限定品とさせて頂きたく思います。危うく泣きが入るところでした・・・

どうぞ店頭にて確認してみて下さい。
NEXT Entry
S101-11...CROS LEX リリース
NEW Topics
ブログ 引っ越ししました!
D-09 RANCH COAT(COWBOY KOAT)
D-09...RANCH COAT リリース
S105-01...WEST CHESTER リリース
GREMEN&V.E  BOID/ボイド  リリース
プロフィール

deluxeware

Author:deluxeware
デラックスウエアは、ヴィンテージ衣料が創られた時代の古き哲学に基づいて衣料を制作するアメリカンカジュアルメーカーである。
史上唯一のリアルがここに。

TWITTER
検索フォーム
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。